teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ?? 大注目!!  【マルチポストによる迷惑投稿】乃定義を教えて!!(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


合唱団響 演奏会2012 ご招待

 投稿者:合唱団響とecho  投稿日:2012年10月21日(日)23時32分17秒
  合唱オペラ コエ カラダ・Ⅱ 「echo・海の少女」 - 林 光さんへ -【新作委嘱初演】
11/4(日) 18:00開演 すみだトリフォニーホール

ホームページでのご招待は締め切らせていただきましたが、
ぶらあぼでのご応募は10/26必着で受け付け中です。ぜひご応募ください。

http://homepage3.nifty.com/choirkyo/article/concert2012.htm

 
 

合唱オペラ コエ カラダ・Ⅱ echo・海の少女 -林光さんへ-

 投稿者:藤平@響  投稿日:2012年 9月18日(火)20時51分11秒
編集済
  合唱団響 演奏会2012、加藤直+寺嶋陸也による新作合唱オペラに10組20名様をご招待いたします

2012年11月4日(日) pm6:00開演, pm5:30開場
すみだトリフォニーホール 大ホール

合唱オペラ コエ カラダ・Ⅱ
echo・海の少女 -林光さんへ-【新作委嘱初演】

作・演出:加藤直 (シュペルヴィエル「海に住む少女」より)
作曲:寺嶋陸也

指揮:栗山文昭
ピアノ:寺嶋陸也
クラリネット:草刈麻紀
チェロ:朝吹元

照明:成瀬一裕(あかり組)
舞台監督:中村眞理
マイム指導:山本光洋

チケット:指定席=3,500円/自由席=2,500円/自由席(学生券)=1,500円
 (前売り 指定席=3,000円/自由席=2,000円/自由席(学生券)=1,000円)

お問い合わせ/前売:合唱団響ホームページ http://homepage3.nifty.com/choirkyo/

http://homepage3.nifty.com/choirkyo/article/concert2012.htm

 

新作合唱オペラ

 投稿者:L  投稿日:2012年 8月14日(火)23時35分43秒
  わたし、気になります!  

ホームページ移転リニューアルのお知らせ

 投稿者:平FG合唱団HP管理人の金成  投稿日:2012年 5月12日(土)06時46分31秒
  突然の書き込み失礼いたします。
福島県いわき市で活動している平FG合唱団の金成と申します。
この度、当合唱団のホームページを移転リニューアルいたしました。
http://tairafg.jimdo.com/
までアクセスいただければと存じます。
今後ともよろしくお願いいたします。

http://tairafg.jimdo.com/

 

団員募集

 投稿者:QBメール  投稿日:2012年 2月16日(木)21時14分15秒
編集済
  ‿‿ 僕と契約して、合唱団員になってよ!  

フェスティバル

 投稿者:motomoメール  投稿日:2012年 2月14日(火)20時35分52秒
  音楽・舞踊・文化芸術活動をしていらっしゃる皆さんと一緒にパフォー
マンスで喜びと感動の舞台を作り上げ新たな幸福の出会いがあれば何と
素晴らしい事でしょう

http://www.d7.dion.ne.jp/~motomo/YouPlay.html

 

女性のための合唱オペラ コエ カラダ・I たびたびオトメそして旅 ─ Yに ─ 【委嘱初演】

 投稿者:合唱団るふらんメール  投稿日:2011年10月31日(月)23時42分13秒
  合唱団るふらん公演ご案内致します。

るふらんとしては、満を持しての初・シアターピース委嘱新作の公演です。
12月の公演に向けて、日々稽古に励んでいます。

加藤直さんと栗友会では、これまでにも多くの合唱劇を生み出してきました。
今回、港大尋さんとは初顔合わせ、港さんの曲はどれもこれも斬新です。
まだ手探りの部分もありますが、常軌を逸した、衝撃的な作品になること間違いなしです。

12月9日(金)昼、夜の2回公演を予定しています。
どうぞよろしくお願いいたします。



合唱団るふらん 2011公演
女性のための合唱オペラ コエ カラダ・I
たびたびオトメそして旅 ─ Yに ─ 【委嘱初演】

ほら 叛乱だ
ほら お祭りだ
そら 街を出て
そら うた歌え

いつも夢の中で
オトメ仲間と
うた歌いながら
旅の途中いる「アナタ」に

作曲 港 大尋
作・演出 加藤 直
指揮 栗山 文昭
楽士 ソシエテ・コントル・レタ
  港 大尋(ギター 他)
  飯尾 登志(ピアノ)
  大村 太一郎(コントラバス)
  清水 達生(パーカッション)

2011年12月9日(金)
14:00開演(13:30開場)
19:15開演(18:45開場)

第一生命ホール

チケット
  指定席 3,000円(当日 3,500円)
  自由席 2,000円(当日 2,500円)

チケット予約・お問い合わせ
  栗友会事務局 03-3985-5356

=====================================
合唱団るふらん
HP:http://music.geocities.jp/refrain_kurikuri/index.html
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/choir_rufuran
Twitterアカウント @RefrainKurikuri

http://music.geocities.jp/refrain_kurikuri/index.html

 

[新譜案内] 間宮芳生の仕事 Tokyo Cantat 2011

 投稿者:藤平メール  投稿日:2011年10月 9日(日)11時23分17秒
  トウキョウ・カンタートの演奏会「間宮芳生の仕事」がCDで発売されています。

日本人の営み、この一滴の音に宿る。
NARC-2075~6(2枚組)
http://www.narrecords.com/catalog-narc2075.html

演奏会プログラム
http://ongakuju.com/t-cantat/concert2011-2.html
 

★男声合唱 リクエスト募集★

 投稿者:Tokyo male choir KuuKaiメール  投稿日:2011年 7月26日(火)23時38分5秒
  栗友会の男声合唱団 Tokyo male choir KuuKai です。
現在 KuuKai では12月24日の第7回演奏会に向けてリクエストを募集しています。

題して…『22世紀につなげたい 私が選ぶ邦人合唱作品 【男声編】』
合唱団響の演奏会で行われたリクエスト企画の男声版です!

推薦の多い曲から5曲を栗山文昭指揮でTokyo male choir KuuKaiが演奏します。
また、リクエスト頂いた方の中から抽選でチケットをプレゼントいたします。

ホームページからも投稿できますので、ぜひご応募下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。(8月末まで回答受付中)

----------
応募はKuuKaiホームページから!
あなたの好きな男声合唱作品を教えて下さい!
http://choirkuukai.web.fc2.com/

http://choirkuukai.web.fc2.com/

 

深い感銘を受けたJCDAの祭典について

 投稿者:神奈川県合唱連盟個人理事 金子佳弘メール  投稿日:2011年 6月24日(金)01時32分40秒
  つい先日、貴団の田中絵美さんからたいへん丁寧なメールをいただき、ご本人の人柄、音楽に対する謙虚さが垣間見える送信内容でした。ありがとうございました。今後もカンタート等でご一緒でき、創造性のある音楽が出来れば幸いです。
さて、6/11(土),12(日)の両日、日本合唱指揮者協会主催による「合唱の祭典」に自身の研修のため出向いてまいりました。11(土)夜間は詩人の谷川俊太郎氏を迎え、谷川作品を集めたコンサート。谷川氏の詩は詩そのものが歌であり、多くの作曲家が魅了されるわけです。12(日)はアメリカの音楽界を席捲し、今や熱心な合唱人ならば誰もが知るエリック・ウィテカー氏を招聘講師として迎え、氏が今取り組んでいるヴァーチャルコーラスを映像を通して紹介する講習会と氏の作品を集めたクロージングコンサートが行われました。出演団体は全国大会レベルで活躍する団体が集結し盛大に行われたのです。日本でこれ以上のレベルのコンサートはもう出来ないのではないかと思うぐらい、どの団体も出色の出来で、この上ない幸福感を感じました。足を運ぶことが出来なかった方々は残念に思います。また、ウィテカー氏は福島への訪問を熱望されており、現地での講習会が予定されていましたが、アメリカのルールで出来なくなりました。その後協会の呼びかけで「県立福島高等学校合唱団」の皆さんを今回の祭典に招き、ウィテカー氏自身による公開レッスンが行われた他、クロージングコンサートの合同でもアジア初演となる楽曲が演奏され、大きな喝采が贈られました。福島県は男女別学だった高校が共学化し、福島高校はかつて男声合唱の名門として全国大会に何回も出場を続けてきた学校ですが、混声合唱団となった今もも高いレベルの演奏には変わりはありません。会場からも最大のエールが贈られました。今回は始発の新幹線で東京に向かい、帰りは終電の新幹線で帰途についたとのことです。14(火)からは中間試験が始まるとのことです。彼ら彼女らを対象にした公開レッスンで集められた義援金は福島の音楽の復興に使われるとのことです。福島は日本の楽都であり、一日でも早く復興を遂げてほしいと願います。
栗友会の方々の中には被災県出身の方が多いと聞いています。ご家族の中には、3.11後3か月以上の月日が経過した今も大変な思いをされていらっしゃるのではと思います。6/11(土)は合唱の祭典に向かう途中で新宿に寄ったのですが、大きな通りに原発反対を掲げた人々のデモ行進が行われ、中には「歴代の首相は全員福島第一原発に行け」と書いたプラカードを掲げ行進している方もいらっしゃいました。こんな時だからこそ本当に音楽が必要です。特に今年のJCAコンクール福島大会が無事に開催されることを祈念しています。今年はお見舞いを兼ねて福島大会に出向いてまいります。その情報も大会終了後に皆様にお伝えする予定ですので、よろしくお願いいたします。

 

レンタル掲示板
/19