teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


年金赤字財政は当然だ

 投稿者:おじいちゃん  投稿日:2012年 4月30日(月)07時48分39秒
  3月末、義兄が死んだ。早速社会保険事務所に年金停止手続きに行った。その手続きの難しいことと言ったらありゃしない。絶対一度では済まない。1時間近く説明を受けた。面倒くさくなって放置すればどうなるかと尋ねたら、今まで通り、死者の通帳に振り込まれるそうだ。過払いが判明したらその時点で返却の催促をする。と涼しい顔。自己申告以外見つける方法がない制度なのに…。時々、死者の年金で生活しているようなケースが報道されるが氷山の一角であることを実感した。もっともっと簡略化しなければ垂れ流しの年金が増えるばかりだ。私はどうしたかって?。目下2回目の申請訪問に向けて資料準備中。国民総背番号に賛否両論があるが、垂れ流し年金を止めるためには絶対必要なものだと痛感した。
 
 

消費税論議

 投稿者:おじいちゃん  投稿日:2012年 1月 9日(月)07時55分33秒
  ドジョウ内閣と旗印を掲げた野田首相。さすがに粘って消費税の方向付をした。これだけ借金地獄の状況では致し方あるまい。例えそれがマニュフェストになかったとしても、必要なものは必要。自民党も政権時代10%を標ぼうしていたのだから、政争の具にせず、大人の姿勢でこの国の財政のあり方を一緒に前向きに検討してはどうか。国民はみているよ。どっちが大人か。  

安全神話崩壊

 投稿者:おじいちゃん  投稿日:2011年 5月 8日(日)07時47分53秒
  東日本の津波災害は天災とあきらめても、原子力発電所の損傷は予想外。絶対安心。2重3重の安全装置があるから万一の場合も安全と信じ込まされてきた。なのにこのありさま。一体誰を、何を信じたら良いのか。「盛者必滅得者定離」「生あるものは死す、形ある物は滅す」古来よりの格言を今更の様に思いだす。  

自由な発言の規制ではないですか

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年10月27日(水)08時30分2秒
  北朝鮮に拉致された人の帰国は相変わらず進展がなく、親兄弟の焦燥感は想像を絶するものがあろう。先日、ある政治家が、「一部の人は既に死亡している」と発言して物議をかもしている。これに対し家族サイドは名誉余毀損で損害賠償を訴えたらしい。気持は分かるが、人は色々な考えを持つ。考えを自由に発表出来るのは民主主義の根幹ではなかろうか。告訴までするのはオーバーアクションではないか。大きな度量で「馬鹿な奴もいるもんじゃ」と笑い飛ばすことはできないのか。それこそ大人の対応というものではなかろうかと考える。  

MOEKO・IKUYAへ

 投稿者:おじいちゃん  投稿日:2010年 5月25日(火)20時35分16秒
  いままで「まいった~」に書いてくれた掲示は「孫たちの掲示版」に移しました。
次回からは、そちらに書いてください。
書き方はメールしておきますから、パパに教えてもらって下さい。
分からん時は電話してください。
 

過ぎたるは及ばざるがごとし

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年 4月17日(土)08時01分29秒
  民主党の支持率が急落している。初めて政権の座に就いたのだから、もっと長い目で見てやればよいものをマスコミは面白おかしく世論を掻き立てる。民主党にとってみれば「まさか政権を入手できる」とは思はず、マニフェストなるものを作って、(できもしないことを)大風呂敷を広げてしまったんじゃなかろうか。今悔やんでも仕方ない。これを「過ぎたるは及ばざるが如し」という。まあ精一杯出来ることだけやってほしい。誠意は識者には通じる。  

泣かれちゃった

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年 3月26日(金)20時52分36秒
  老人大学は4年制だが、地元の老人大学に入りなおすため2年で中途退学した。情報が所属するパソコンクラブ内に公表されたら、「今の学校のレベルに不満があるのではないか」とか色々と反響がある。中でも一人の女性から泣いて慰留されたのには参った。それだけ頼りにさていたのか。と、驚きと共に後ろ髪をひかれる思いが交錯する。男子一旦決めたことは覆すわけにはいかない。申し訳ない気持である。どうぞ良い師にめぐり逢われますように!  

物の値段はどこで決まる?

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年 3月19日(金)07時59分8秒
編集済
  梅の花が散ると、東播磨地方では、多くの家庭で「いかなごの釘煮」を作る。甘辛い匂いが町中に漂う。この「いかなご」の値段が毎年大きく振れる。我が家でも先日中堅スーパーで860円/kgで購入した。帰路に大手生協に立ち寄ってみると、なんと1380円。昨日「便座」が故障したので、ホームセンターで54800円で購入した。これも価格比較のために家電量販店へ、ここでもびっくり35800円で全く同じものを売っている。これを購入しホームセンターの物は即刻返品した。価格設定は一体どうなっているのいるのだろう。  

見かけが若いと長寿

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年 3月17日(水)09時56分41秒
編集済
  昨年12月、英国の医学雑誌が、実年齢が同じでも「見かけ上の年齢」が1歳高くなるごとに死亡率は8%高くなる。つまり寿命に及ぼす影響は、見かけ上の年齢も、実年齢も同じ程度であった。と発表した。通信制大学で「消化器は皮膚の変化したものである」と学習した記憶がある。顔の皮膚が年を取っているということは、皮膚の変化物である内臓も同様に加齢していることで、納得のいく話ではある。  

老人会総会出席

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年 3月16日(火)07時42分45秒
  役員全員留任。会計報告を一寸やっておしまい。後は例によって、「カラオケ」を楽しむ。我が町内は400余世帯、70歳以上が約200人。俗にいう老人(65歳以上)となると300人は下るまい。老人会加入者は男性13名女性31名計44名。来年度の活動計画では日帰り旅行1回、グランドゴルフ2回。カラオケ9回となっている。皆さんのところはどんな活動をしていますか。  

肉食性老人

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年 3月12日(金)09時17分51秒
  草食性男子が話題となっているが、それは若者の世界。老人の世界は完全に肉食性。とりわけ女性の元気なことは驚くばかり。昨日、老人大学のグランドゴルフがあった。78名の参加者中、優勝と準優勝は女性。びっくりスコアにまたびっくり。ちなみにブービーが女性だったことも付け加えておこう。  

全日制住民と定時制住民

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年 3月 4日(木)18時21分15秒
  NHKの番組に「鶴瓶の家族に乾杯」という番組がある。前触れなく突然訪問し、住民との会話を楽しむ番組であるが、その訪問先は農山漁村であり、同じ場所で働き、眠る人(全日制住民)の生活圏である。朝は朝星、夜は夜星、昼は「梅干し」を頂いて、深夜一定時間だけ自宅で過ごすニュータウンの住民(定時制住民)相手ではとても番組にならない。近隣のコミニュケーションに大差がある。どちらが住みやすい町なのだろうか…。  

老人会に加入しました

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年 2月18日(木)18時40分48秒
  年を追うごとに、労働組合の組織率が低下しているそうだ。子供会も。婦人会に至っては完全に壊滅状態である。老人会参加者も年々減少している。一方、老人大学は大盛況。なぜだろう?どこが違うのかな。個人主義が徹底し、団体活動・奉仕活動が嫌がられているらしい。老人会の現状を学習するのも今回参加した一つの目的。一体どんなことをやっているのだろう。おいおい報告してみたい。  

リニューアルしました

 投稿者:DAITYAN  投稿日:2010年 2月18日(木)17時49分18秒
  掲示版として設置していたこのページを、この度リニューアルして、ツイッターのように自由に書き込むページとしました。お好きなようにご利用ください。ご意見に対する回答もこのページ上に発表します。焦らずゆくりいきまひょ。  

人生を逆に倒す

 投稿者:大ちゃん  投稿日:2008年 7月20日(日)14時47分23秒
編集済
  或る会社の社友会報を見ていたら「人生を逆倒しで見る」記事があった。今まで生きてきた期間を生まれた年から逆に倒してみる。遊びであるが、興味のある時代にタイムスリップすることができる。今年70歳(1938年生)の人であれば1868年に置き換えてみる訳である。1868年は丁度明治元年にあたり、彰義隊が官軍に敗れ、明治天皇がこの年10月13日に京都から東京に移動された年である。
80歳の人の場合は1848年にタイムスリップする。NHK大河ドラマ篤姫の時代である。こうしてみると明治・江戸が身近に感じられませんか。
 

食中毒にご用心

 投稿者:大ちゃん  投稿日:2008年 7月20日(日)10時21分52秒
編集済
  石油類の異常な値上がりが引き金で、物価がじわり・じわ~りと上昇中。ついつい勿体ないと考えて食べ残しの再利用をすることになりますね。暑い時です。すぐ腐敗します。用心しましょう。
ところで食品には「賞味期限」と「消費期限」の表示がありますね。どう違うかご存じでしょうか。今年2月に内閣府が行った調査では正解者は3~40%程度で案外混乱しているようです。「賞味期限」は「定められた保存方法で品質を保つことができる期間」。「消費期限」とは「定められた保存方法で安全性を欠く恐れがない期間」だそうです。私も混乱していました。
ちなみに消費期限は痛みやすい食品に使われます。賞味期限は平たく言えばおいしく食べられる期限だそうです。食糧不足の時代到来も予測される中、無駄なく「消費」「賞味」したいものですね。
 

医療保険のおとしあな

 投稿者:大ちゃん  投稿日:2007年 5月13日(日)14時27分35秒
編集済
  医療保険のコマーシャルがないテレビ番組を探すのはむずかしい昨今である。「誰でも簡単に入れます」とあっても、何か事があった場合、現実は無条件に給付金が支払われるわけではないらしい。厳しい査定が待っている。契約前の病歴と関連のある病気の場合は保険金が支払われないのが一般的だそうだ。例えば心臓や眼の病気になった場合、契約前の高血圧や糖尿病が原因と判断されると給付金が支払われないとか。年寄りは2つや3つの病気を抱えているのが普通。甘い話には裏があることを肝に銘じ、慎重にに対応したいものである。
「行きはよいよい帰りは怖い」という童謡を口ずさみながら....。
 

りんごは木から落ちた

 投稿者:大ちゃん  投稿日:2007年 4月30日(月)20時13分40秒
編集済
  昨年来、原子力発電所で制御棒が落下して、あわや大惨事を招きかねない事態を引き起こしながらそれを隠していたことが発覚した。全てのものが上から下へ落下することを今から丁度320年前にニュートンがりんごが木から落ちるのを見て「発見」しているのに、これだけ危険な原子炉で、なぜ制御棒が下から上に突き上げる方法がとられているのだろうか。上から下に差し込む方法であれば操作ミスをしても危険は避けられる。前回水道の蛇口の話をしたが、原子炉も発想の転換をして制御棒を上から下に差し込む方法は取れないのだろうか、改良型の炉ではすでにそうなっているのであろうか。  

習慣とは恐ろしい

 投稿者:大ちゃん  投稿日:2007年 4月25日(水)16時04分6秒
編集済
  皆さんのご意見を待っていましたが、なかなか掲示されないので、日頃私の考えていること等を記してみたいと思います。ご意見・ご助言があれば掲示してください。
一寸旧聞に属するが、阪神大震災まで、風呂場などの水道の混合栓は押すと水が出て、レバーを上げると水が止まる方式であった。これがあたりまえと思って疑問にしていなかった。家屋が倒壊してレバーを押さえ、水が自然放流されて消火用の水に困った。その教訓から最近の水栓は持ち上げて放水、抑えると止まる。人間は馴れると問題点を見落とすものだ。今一度身辺を見直したいものである。
 

レンタル掲示板
/1