teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


11カ月

 投稿者:こぶた  投稿日:2018年 7月22日(日)08時29分56秒
   1年を切ってひと月が経つ。

 オフクロが亡くなった。
 歳だけに、いつかは来る日と覚悟はしていたが、ふた月前くらいまでは安定していたので慌てた。。

 会社には出たが、そうするのに、とても気力を必要とした。
 もう、働きたくないのである。
 利害関係優先される、人との接触が煩わしくてうんざりしている。

 どこまで気持ちが持つか分からないが、どうするにしても、手続きだけはちゃんとせねば。
 
 

一旦

 投稿者:こぶた  投稿日:2018年 6月21日(木)08時46分58秒
編集済
   オフクロは、寝たきりのままだが、症候が落ち着いてきたので、一旦山梨に戻っている。
 親戚達に、介護休暇を取り長期の休みの状態だと言いそびれたせいもある。

 親戚には、状況が変わったら連絡するが、その時は礼服を・・・とも言われる。

 しばらくは、山梨の部屋で、仕事にも出ず待機している状態になりそうだ。
 まあ、すぐに動ける状態をヨシと思おう。
 

12カ月

 投稿者:こぶた  投稿日:2018年 6月17日(日)08時07分8秒
   とうとう1年を切る。

 介護休暇と云う禁じ手を繰り出した現状だが、予期せずオフクロの側に居る事が出来る状況を作ったのは良かった。

 ここしばらくは、どう動くかは分からないが、今後の方向に大きく左右するのだろうな。
 

覚悟

 投稿者:こぶた  投稿日:2018年 6月13日(水)06時40分11秒
編集済
   昨日、主治医と話をする。

 1週間から1カ月。

 胃癌のせいで、栄養が摂れず、栄養の有る点滴は拒絶するそうだ。
 今は、最低限の水分を摂取する点滴だけの投与。

 その為、血液が造れず、血便も出ている関係から、血の濃度が、どんどん薄くなっている。何時濃度の限度を超えるか・・・、との事。

 胃に直接管を通し、栄養を送る手術の選択もあるそうだが、胃癌の進行が進んだ状態と年齢的な体力を考えれば、甚だ難しいようだ。
 改めて、その際の延命処置はお断りした。

 覚悟して、これからの事を考えねば。
 

2カ月前は・・・

 投稿者:こぶた  投稿日:2018年 6月10日(日)23時53分39秒
   鹿児島に帰り、オフクロが入院している病院に行く。

 寝たきりな状態だった。
 鼻の下に呼吸の管、足首に栄養の点滴が付けられていた。

 意識はあるようだが、眼も半分閉じているような状態で、こちらがかける声に対しても反応が
無い。
 時折、声を出すのだが、呻き声のようで言葉にはなっていない。
 会話は勿論、意思疎通も全く出来なくなっている。
 そして、すぐに眠りにおちる。

 2カ月前に帰った時は、歩いていたし話も出来たのに・・・
 

13カ月

 投稿者:こぶた  投稿日:2018年 5月27日(日)21時48分43秒
   介護休業申請と云う行為を行って、13カ月を切る。

 お陰で、どんよりした状況が多少なりとも動き出したような。

 収入を放棄する等の痛みを伴うが、まだマシだ。

 あと1年で、60だ。
 きっと、お金より時間が大事な筈だ。
 

少し 回復

 投稿者:こぶた  投稿日:2018年 5月12日(土)17時22分55秒
   オフクロの症状は、少しは回復したようだ。

 吸引機と点滴は、まだ装着しているのか分からないが、お粥を自分の口で食べられるようになったそうだ。
 少しホッとする。

 しかし、GW前にした定期検査で、肝臓にも癌の転移が見つかった。
 乳癌の摘出に始まり、去年は胃だった。
 もう、年齢的に抗癌剤も使用出来ない。救いは痛みを感じていないことか。

 妹さんと親戚の叔母さんは、主治医の先生に呼ばれて、その時の際は、延命治療を希望するか聞かれたそうだ。
 希望しないと回答した報告を受けたので、私も同意した。
 意識も失せ、チューブで延命しても・・・の思いだ。

 少し先の状況が、どう動くか分からない。
 

完了検査

 投稿者:mametin  投稿日:2018年 5月11日(金)19時57分52秒
  移転先の建築確認 完了検査を受けた
不備あり 是正なき場合は 検査済証がもらえない
立場上 それは避けなければいけない
近隣の方とも新参者としては金看板はなにかの頼りになる
金看板 なにだろうと思うが それが頼りになる
検査を受けた以上 検査合格をもらう努力に努める
 

心配

 投稿者:こぶた  投稿日:2018年 5月 8日(火)20時48分13秒
   昨日の夜、鹿児島から2回電話が入る。

 1回目は、妹さんからだった。

 オフクロの入っている施設で、風邪が蔓延している話は聞いていた。なので、面会も遮断していたそうだ。
 しかし、オフクロも罹患してしまった。

 年齢のせいで、引っ切り無しにわいてくる痰が自分で切れない。
 呼吸が心もとないので、吸入機を装着する事が出来る病院に入院した。
 24時間、看護師が対応出来る病室で、同時に点滴も受けているとの事。

 入院の手続きは、妹さんがしてくれた。
 大事を取っての事なので、心配しなくていいよとの事。

 2回目は、実家の近所に住むオヤジ方の叔母さんだ。
 入院の報を聞き、妹さんは帰った後に、夜見舞いに行ってくれたようだ。

 吸入器を付け、点滴で繋がれた状態のオフクロは、声をかけても殆ど目も開けなかったそうだ。
 涙声で、「歳が歳だけに、心の準備はしとき」との事。

 急に不安になるが、戻るには様子を見てからと。

 4月の初めに帰った時は、元気そうに見えたが、年齢的に少しの事で、急変する可能性は有るし・・・

 回復するのを、ただただ願おう。
 

介護休業

 投稿者:こぶた  投稿日:2018年 5月 6日(日)10時53分3秒
   連休前に介護休業の申請をする。
 介護による離職を防ぐ為に、国が決めた制度のようだ。

 5日くらいの短期を「介護休暇」、93日を限度の長期を「介護休業」と区分されている。
 私の申請したのは、長期の「介護休業」の方だ。

 施設に入っているオフクロの面倒を見ている妹さんが、体調不良で療養が必要になり交代しなくてはならない、と云う名目だ。

 妹さんの体調がおかしくなった、と云う連絡はない。今日もオフクロの見舞いに行ってくれている。

 同居していないし、付きっきりの介護でもないので、通らないかと思っていたが、工場では、こんな申請が初めてだったようで、対応してくれそうな雰囲気だ。人事が許可するかは不明だが。

 許可されれば、6月の中旬から9月の中旬までの3カ月の休みである。その間の給与は出ないが、今は金より自由だ。

 私にしたら、現状の業務環境が、一番面白くない。

 戻った時、居場所はないかも知れないし、変わらぬ内容の業務かも知れない。
 改善されている事を願って、半分賭けである。
 変わっていなかったら、その時にまた考えよう。

 3カ月の自由が出来たら遊びに行くから、カントク、まめちん、その時はヨロシク。
 まめちんの転居が完了していたらいいな。
 

レンタル掲示板
/44