teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


最終訳

 投稿者:高津  投稿日:2019年 4月19日(金)17時53分36秒
  SvDより
北朝鮮の内側から・・・決して写真に撮ることはできない
(Nordkorea inifrån ― får absolut inte fotograferas)

<写真>平壌(北朝鮮)の子どもの宮殿.
<写真>バスの様子から見る北朝鮮の日常生活.


わたしは世界で一番閉鎖的な独裁国にSvdのカメラマンとして派遣されました。
私がもっとも覚えていることは:通り過ぎたすべての映像と決して写真に撮ることが
できないものです。

Yvonne A*sell(イボンヌ オーセル)Bildfordjupning(写真と解説記事)2019年1月25日



ピョンヤン
私は好奇心で、見るものすべてを写真に撮ろうとドキュメントしようと突き動かされる。
わたしは世界で最も近づきにくい国々の一つに来ている。
飛行場からピョンヤンに行くバスの中で既に、写真撮影について許しを求めました。
3人のガイドたちは好意的だ。
―ただ兵士の姿だけは撮ってはいけない
3人のうちのひとりが言った。

(写真)韓国と北朝鮮は和平を結んでいず、休戦状態でまもなく70年になる。
(写真)チェ・スン・フイ 農業協力員は髪をセットしてもらっている

われわれは5人のジャーナリストのグループで旅している。道は白とピンクの様々な色彩の
コスモスに縁どられている。わたしは灰色の色彩の町を期待していた―けれどパステルに
彩られたファサード(建物の正面)に出会った。

男性たちや女性たちは職場から家に向かっている。子供は制服を着ている。すべては
センセーショナルなほどノーマルに見える。宣伝の看板の代わりに、町は指導者キム・
ジョン・ウンと彼の父で前指導者キム・ジョン・イルの肖像画で飾られている。

われわれは島に隔離して建てられたホテルへとまっすぐ走っている。

(写真)ピョンヤンのテドン川で父と娘と
(写真)朝6時、職場に行く人達が機嫌よく向かうのを見守るために平日の毎朝、少人数
編成のオーケストラが演奏を始める。写真の女性たちは今日の演奏が終わりバスを待って
いる

わたしが見るものを写真に撮れるのはバスの中からだけで、普段の生活を撮ろうと思うと
短時間にシャッターを切ることが必要だ。 道を自由に歩く許可はたいてい出なくて、
たくさんの広場のどこかで留まることを訪ねるのは考えられないことだ。さらにバスは
高速で走り、少なくとも時速70キロで、道路には私が予想したよりも多くの交通量がある。


(写真)(写真)9月の北朝鮮70周年記念の軍事パレードは通常のようによく演出されたが、
今年は大きなミサイルたちが光り、核兵器の脅威は不在だった
(写真)北朝鮮は共和国創建記念日を軍事パレードで祝い今年は70周年記念も祝った

最初の三日間は、我々はほかの150人のジャーナリストたちと共に過ごした。
我々は北朝鮮の共和国創立記念日の70周年記念に招待されたのです。

(写真)ピョンヤンのトロリーバス
(写真)チャン・グワン幼稚園で演技を披露するこども

初日にガイドたちはバスの中からしか写真を撮ってはいけないと言ったので、私は再び
これはオーケーか?と聞かなかったが、ガイドたちは写真を撮ってはいけないときだけに
そのように言うと語った。それでいつでも写真を撮れるように準備することにした。そして
ただできるだけ写真を撮れるように狙いをつけた。

わたしは木の間にかがんでいる女性を見たら、彼女は片手に緑色の持ち手の園芸用の
ショベルを持ち、もう片方に園芸ばさみを持っていた。彼女は道の脇の草を手で取っていた。
この場面を私はバスの中から捉えるのが遅すぎた。

学校、保育園、病院、そして工場。訪問するすべての場所でキム・ジョン・ウンの肖像に
歓迎された。肖像を撮影しようとすると、必ず金色のふちを一緒に撮影しなければならない。
そして指導者の写真と銅像はけっしてカットしてはならない(全部写った写真にしなければ
ならない)。

(写真)(写真)ピョンヤンの地下鉄はクリニックのように清潔で美しい。天井には大きなガラス
の輪が掛けられ、車両の中には快適な革のシートがあった。町の中じゅうで地下鉄は一日に
40万人の人を運ぶという


われわれはだれかの本当の日常に出会えるのだろうか?たぶんわれわれがケソン駅まで乗って
いく地下鉄の中だ。乗車中は二駅乗るのだが、初めて地面から人々を撮影できる。

(写真)規則は社会のいたるところで見られる。地下鉄内の学校の生徒まで従順を訓練する。
(写真)ピョンヤンのケソン駅 地下鉄は二路線あり、1973年に利用開始した。総走行距離は22,5km。

韓国と北朝鮮の非武装地帯DMZへの旅は2時間になる。制裁のためにアスファルトが製造
できず、道は縫い目が破れたパッチワークのようだ。バスは時速100キロで走り、それなりに
ガタガタ揺れる。我々は空っぽの四車線の高速道路を行く。

(写真)(写真)
(写真)非武装地帯を案内するキム・ウン・チョルは 希望に満ちているように見えた。
けれど突然すべてがひっくり返る「もしアメリカが挑発したら、やつらを抹殺する」
(写真)北朝鮮と韓国の国境には違う雰囲気がある。兵士キム・ウン・チョルは緊張緩和を
信じる―しかし後退について警告する

銀杏並木の通りがConference Row(軍事停戦委員会本会議場) ―それはともに北朝鮮と韓国
の青いバラックの建物がある場所ですが、そこへと続く。一年前にわたしは韓国の側から今
立っている青いバラックと階段を見下ろす場所に立っていた。それは恐ろしく静かだった。
今も同じように静かだが、小さな鳥たちがあちらへこちらへと国境を飛び回っている。
兵士キム・ウン・チョルは我々を案内してまわり、わたしが撮影できる唯一の兵士だ。
撮影する時にすぐに少しふっと笑った。

歌う声がだんだん近づき、どこからか兵士が行進して現れる。この写真もまたただの記憶になる。


Yvonne A*sell (イボンヌ・オーセル)


 
 

(無題)

 投稿者:高津  投稿日:2019年 4月17日(水)23時10分37秒
  Den bilden hinner jag upptäcka för sent från bussfönstret

この文章は確かに疑問があります。
hinna+動詞 という文例は見つかりません。

でも佐々木さんが書かれた「遅すぎて発見することに間に合う」=間に合わない
と考えました。
間に合っていれば女性の写真が見られたと思います。

地下鉄が意外と早くから営業していたと思いました。


これで全体をまとめたいと思います。
 

(無題)

 投稿者:佐々木M  投稿日:2019年 4月16日(火)14時24分52秒
  *rosenskärna
 Wikipediaスウェーデン語から日本語へ移動したところ,オオハルシャギク  という項目になりましたが,
 説明文をよく見ると,コスモス とも呼ばれるとありましたので,コスモス でいいと思います.

*Den bilden hinner jag upptäcka för sent från bussfönstret.
 hinner(間に合う) と för sent (遅すぎる)の兼合いがわかりにくかったです.遅すぎることに間に合う
 ?遅れることなく見逃さなかった と訳してみましたが・・・
 

(無題)

 投稿者:高津  投稿日:2019年 4月16日(火)13時58分37秒
  特に難しいところは無いようですね。
佐々木さんの訳を参考に表現などを考えたいと思います。

二つほど気がついたところがあります。

写真4枚目の下 rosenska:rnaはコスモスという訳がありました。

5枚目写真の下 det a:r ingen ide att = det hja:lpas inte どうにもならない



次回は元号が令和になりますね。
発音がしにくくて困ります。

 

次回担当者

 投稿者:佐々木M  投稿日:2019年 4月14日(日)02時51分31秒
  次回は,佐々木Mが担当します.

今回の記事をもって平成最後の新聞講読とし,10連休明けに令和最初の新聞講読とします.

余談ですが,佐々木Mは,4/1の令和発表の号外を入手でき,良い記念になりました.
 

北朝鮮の内側からー決して写真に撮ることはできない

 投稿者:佐々木M  投稿日:2019年 4月14日(日)02時44分40秒
  北朝鮮の内側からー決して写真に撮ることはできない(Nordkorea inifrån ? får absolut inte fotograferas)

<写真>平壌(北朝鮮)の子どもの宮殿.
<写真>バスの様子から見る北朝鮮の日常生活.

本紙SvD(Svenska Dagbladet)の写真家として派遣された私は,世界で一番閉鎖的な独裁国家に来ています.私が,一番
思ったことは:すべての光景は,素早く移動してしまい,そして決して撮影されることができないのです.

イヴォンネ・オーセル(Yvonne Åsell)

平壌(PYONGYANG:??)私は好奇心に駆り立てられ,私が見たことをすべて撮影し,文章にしたいと思っています.私
は世界で最も近づき難い国の1つにやって来ました.
すでに空港から平壌(市内)に向かうバスの中で,私は撮影許可を願い出た.3人の案内人は好意的だ.
-兵士だけは撮影しないようにと,案内人の1人は言った.

<写真>南北朝鮮は終戦しておらず,70年近く休戦状態にある.
<写真>農業戦闘隊員のChoe Sun Huiは髪を整えてもらっている.

私たちは,5人の報道記者の団体で北朝鮮を巡った.道路はいろいろな色合いのバラ色や白のオオハルシャギク(rosenskäror)
で包まれていた.私は薄暗い色調の街を期待していた-しかし,パステルカラー(明るい色調)の建物に出合った.
職場から家路につく男女.学校の制服を着た子どもたち.見るものすべてが目を見張るように普通に見えた.広告看板の代わ
りに街は,現指導者の金正恩(Kim Jong-Un:???)と彼の父であり先の指導者である金正日(Kim Jong-il:???)の
肖像画で飾られている.

私たちは,島に隔離されて建てられているホテルに直行した.

<写真> 平壌の大同江(Taedongfloden:???)に立つ男性とその娘
<写真> 毎朝6時ごろになると,すべての人が気分良く職場に向かえるようにと,少人数の音楽隊が演奏を始める.女性た
              ちは,この日の演奏を終え,バスを待っている.

私が見た光景を捉えようと試みようとしたのは,バスからだった.街路に自由に出向く許可はほとんど得られず,多くの広場
のうちのどれかでパッと止まることができるのかどうかを尋ねるいかなる考えもなかった.おまけにバスは高速で走り,少な
くとも時速70kmは出ていたし,私が思っていたよりも,街路には多くの交通量があった.

<写真> 9月の北朝鮮建国70周年の軍事パレードは,例年のようによく演出されていた-しかしながら,今年は,大きなミ
              サイルが目立ち,核兵器の脅威はなかった.
<写真> 北朝鮮は軍事パレードで,共和国創建記念日(nationaldag)で祝い,さらに今年は70周年になる.

最初の3日間,私たちのグループは,他の150人の報道陣と行動を共にした.私たちすべては,共和国創建70周年の記念行
事に招待された.

<写真> 平壌のトロリーバス.
<写真> Chang Gwan幼稚園で演技する子どもたち.

初日,案内人はバスからの撮影するようにと言ったので,私は撮影がOKか問い直すことはなかった.私たちが撮影してはい
けないときは,案内人が伝えると言った.そのため,私は引き続き(撮影の)準備をしておくことに決めた.私は前もって調
整して,できる限り多くの撮影をすることにした.

私は,1人の女性がこの間でしゃがみこんでいるのを見た.片手には緑の柄の園芸用シャベルを持ち,もう一方の手には園芸
用のはさみを持っていた.彼女は道の草を手で刈っていた.バスの車窓から,その光景を遅れることなく見逃さなかった.

学校や幼稚園,病院,工場.私たちが訪れた場所すべてで,金正恩の肖像画に迎えられた.(金正恩の)肖像を写すときは,写
真は,金枠ですべて囲まれていないといけない.指導者の写真や銅像は,絶対に切り取られてならない.


<写真> 平壌の地下鉄は,衛生的にきれいで,小ざっぱりとしている.大きなシャンデリアが(駅の?)天井に下げられ,
              車内には心地良い皮の座席がある.平壌で地下鉄は,1日40万人を乗せている.

私たちは,誰か(一般市民)の真の日常に触れることができるだろうか?地下鉄ではできそうだ.私たちは凱旋駅(Kaeson:
??)に向かい,列車に飛び乗った.地下鉄で移動中に-私たちは2駅間乗車できた-初めて私は(バスなどの車窓からでは
ない)地上の人物を撮影した.

<写真> 地下鉄に至るまで社会のすべてで規律が目立ち,学校の子供たちは従順について勉強する.
<写真> 平壌の凱旋駅.地下鉄は2路線からなり,1973年に供用された.総路線長は22.5kmだ.

南北間の非武装地帯(DMZ)に南下する旅行は,2時間を要した.協定により,アスファルトを製造できず,道は切り裂かれ
たつぎはぎの縫い目だらけのでこぼこした道だ.バスは時速100km前後で突っ走り,しっかりと横揺れした.私たちは,4
車線のガラガラの自動車道を走った.
<写真> 非武装地帯について説明する時,兵士Kim Un Cholは,非常に希望に満ち溢れているように見えた.しかし,“ア
              メリカが挑発してきたら,あいつらを皆殺しにしてやる“と急変した.
<写真> 南北間には,新しい雰囲気が支配的になってきた.兵士Kim Un Cholは緊張緩和を信じるが,-後戻りを警告す
              る.

1本のイチョウの並木道が,軍事停戦委員会本会議場(Conference Row)に続いている-南北に同じように横たわる青い兵
舎だ.1年前,私は韓国側の別の場所に立ち,この青い兵舎と,今,立っている階段を見下ろしていた.恐ろしいほど,静か
だった.今のように静かで,小鳥たちは境界線上を縦横自在に飛び回っている.

兵士のKim Un Cholは私たちを案内してくれて境界で,私が撮影した唯一の兵士だ.私が彼を撮影するとき,彼は少しはに
かみながら,笑った.

歌うような音が近くから聞こえてきたが,行進している兵士たちはどこからも現れなかった.この写真でさえも,ただの思い
出となった.

イヴォンネ・オーセル(Yvonne Åsell)
写真家

*平壌地下鉄路線図
 https://fi.wikipedia.org/wiki/Pjongjangin_metro#/media/File:Py_mtr.png
 https://es.wikipedia.org/wiki/Metro_de_Pionyang#/media/File:Pyongyang_metro_20070321.png

*板門店概観図
 https://www.qsl.net/ah6hy/JSAMap.jpg
 

北朝鮮の内側から・・・決して写真に撮ることはできない

 投稿者:高津  投稿日:2019年 4月12日(金)10時26分49秒
  少し早いですが投稿します


北朝鮮の内側から・・・決して写真に撮ることはできない

わたしは世界で一番閉鎖的な独裁国にSvdのカメラマンとして派遣されました。
私がもっとも覚えていることは:通り過ぎたすべての映像と決して写真に撮ることができない
ものです。

Yvonne Asell(イボンヌ アセル) Bildfordjupning写真と解説記事 2019年1月25日

ピョンヤン
私は好奇心で、見るものすべてを写真に撮ろうとドキュメントしようと突き動かされる。
わたしは世界で最も近づきにくい国々の一つに来ている。
飛行場からピョンヤンに行くバスの中で既に、写真撮影について許しを求めました。3人の
ガイドたちは好意的だ。
―ただ兵士の姿だけは撮ってはいけない
3人のうちのひとりが言った。

(写真)韓国と北朝鮮は和平を結んでいず、休戦状態でまもなく70年になる。
(写真)チェ・スン・フイ 農業協力員は髪をセットしてもらっている

われわれは5人のジャーナリストのグループで旅している。道は白とピンクの様々な色彩の
コスモスに縁どられている。わたしは灰色の色彩の町を期待していた―けれどパステルに
彩られたファサード(建物の正面)に出会った。

男性たちや女性たちは職場から家に向かっている。子供は制服を着ている。すべてはセン
セーショナルなほどノーマルに見える。宣伝の看板の代わりに、町は指導者キム・ジョン・
ウンと彼の父で前指導者キム・ジョン・イルの肖像画で飾られている。

われわれは島に孤立したホテルへとまっすぐ走っている。

(写真)ピョンヤンのテドン川で父と娘と
(写真)朝6時、職場に行く人達が機嫌よく向かうのを見守るために平日の毎朝、少人数編成
のオーケストラが演奏を始める。写真の女性たちは今日の演奏が終わりバスを待っている


わたしが見るものを写真に撮れるのはバスの中からだけで、普段の生活を撮ろうと思うと短時間
にシャッターを切ることが必要だ。 道を自由に歩く許可はたいてい出なくて、たくさんの市場
のどこかで留まることを訪ねるのは考えられないことだ。さらにバスは高速で走り、少なくとも
時速70キロで、道路には私が予想したよりも多くの交通量がある。

(写真)(写真)9月の北朝鮮70周年記念の軍事パレードは通常のようによく演出されたが、今年は
大きなミサイルたちが光り、核兵器の脅威は不在だった
(写真)北朝鮮はナショナルデーを軍事パレードで祝い今年は70周年記念も祝った

最初の三日間は、我々はほかの150人のジャーナリストたちと共に過ごした。
我々は北朝鮮のナショナルデーと70周年記念に招待されたのです。

(写真)ピョンヤンのトロリーバス
(写真)チャン・グワン幼稚園で演技を披露するこども

初日にガイドたちはバスの中からしか写真を撮ってはいけないと言ったので、私は再びこれは
オーケーか?と聞いたが、ガイドたちは写真を撮ってはいけないときだけにそのように言うと
語った。それでいつでも写真を撮れるように準備することにした。そしてただできるだけ写真
を撮れるように狙いをつけた。

わたしは木の間にかがんでいる女性を見たら、彼女は片手に緑色の持ち手の園芸用のショベル
を持ち、もう片方に園芸ばさみを持っていた。彼女は道の脇の草を手で取っていた。この場面
を私はバスの中から捉えるのが遅すぎた。

学校、保育園、病院、そして工場。訪問するすべての場所でキム・ジョン・ウンの肖像に歓迎
された。肖像を撮影しようとすると、必ず金色のふちが一緒に撮影される。そして指導者の
写真と銅像はけっしてカットしてはならない(全部写った写真にしなければならない)。

(写真)(写真)ピョンヤンの地下鉄はクリニックのように清潔で美しい。天井には大きなガラス
の輪が掛けられ、車両の中には快適な革のシートがあった。町の中じゅうで地下鉄は一日に
40万人の人を運ぶという


われわれはだれかの本当の日常に出会えるのだろうか?たぶんわれわれがケソン駅まで乗って
いく地下鉄の中だ。乗車中は二駅乗るのだが、初めて地面から人々を撮影できる。

(写真)規則は社会のいたるところで見られる。地下鉄内の学校の生徒まで従順にしたがって
いる。
(写真)ピョンヤンのケソン駅 地下鉄は二路線あり、1973年に利用開始した。総走行距離は
22,5km。

韓国と北朝鮮の非武装地帯DMZへの旅は2時間になる。制裁のためにアスファルトが製造でき
ず、道は縫い目が破れたパッチワークのようだ。バスは時速100キロで走り、それなりにガタガタ
揺れる。我々は空っぽの四車線の高速道路を行く。

(写真)(写真)
(写真)非武装地帯を案内するキム・ウン・チョルは 希望に満ちているように見えた。
けれど突然すべてがひっくり返る「もしアメリカが挑発したら、やつらを抹殺する」
(写真)北朝鮮と韓国の国境には違う雰囲気がある。兵士キム・ウン・チョルは緊張緩和を
信じる―しかし後退について警告する

銀杏並木の通りがConference Row ―それはともに北朝鮮と韓国の青いバラックの建物がある
場所ですが、そこへと続く。一年前にわたしは韓国の側から今立っている青いバラックと階段
を見下ろす場所に立っていた。それは恐ろしく静かだった。今も同じように静かだが、小さな
鳥たちがあちらへこちらへと国境を飛び回っている。
兵士キム・ウン・チョルは我々を案内してまわり、わたしが撮影できる唯一の兵士だ。
撮影する時にすぐに少しふっと笑った。

歌う声がだんだん近づき、どこからか兵士が行進して現れる。この写真もまたただの記憶(記念)
になる。

Yvonne Asell (イボンヌ・アセル)


 

次回講読記事

 投稿者:高津  投稿日:2019年 3月31日(日)20時45分24秒
  Svdに北朝鮮に招待されて写真を撮ったジャーナリストの記事がありました。
写真がたくさんですので、見るだけでも興味深いですよ。

どうぞご覧ください。


SvDより
記事:北朝鮮の内側からー決して写真に撮ることはできない

https://www.svd.se/bilder-svischar-forbi--far-absolut-inte-fotograferas

投稿日:4月14(日)15(月)
最終訳:4月21日(日)

担当:高津

 

(無題)

 投稿者:高津  投稿日:2019年 3月23日(土)07時30分5秒
  >佐々木さん

最終訳ありがとうございました。

今後、サーメ議事堂が完成の記事がいつ読めるのか待ちたいです。

次の講読記事をこれから探します。

 

サーメの新議事堂はエステルスンドへ(最終訳)

 投稿者:佐々木M  投稿日:2019年 3月21日(木)12時17分44秒
編集済
  サーメの新議事堂はエステルスンドへ(Samernas nya parlamentshus till Östersund)

今日(2/21),得票数18対13で,サーメ議会は新議事堂をエステルスンド(Östersund,南サーミ語:Staare;北サーミ語
:Luvlieluspie)に設置するべきと決定した.新議事堂に関する問題は,15年にわたって提起されていた.ヴァルショービュ
ーン(Valsjöbyn)からのサーメランド党(Samelandspartiet)ブリット・スパールロック(Britt Sparrock)は,エステル
スンドを推した.

エンショルツヴィーク(Örnsköldsvik,南サーミ語:Orrestaare)で開催中のサーメ議会の総会(plenum)で,この決定が
なされた.現在,サーメ議会の本部(huvudkansli)はキルナ(Kiruna,北サーミ語:Giron)にあり,地域事務所がヨック
モック(Jokkmokk,ルレサーミ語:Jåhkåmåhkke,Dálvvadis;北サーミ語:Johkamohkki),テルナビュー(Tärnaby
:ウメサーミ語:Deärnná;南サーミ語:Dearna),エステルスンドにある.2004年以来ずっと,本部と議事堂の新しい
建物について計画を立ててきた.

3か所の候補地
最初は,新しい建物はキルナにあるべきというのが当然視されていたが,キルナの中心部移転などの事情によって(新聞講読
#126,#158参照),いくつかの代替地が議論された.
多くの討論や検討が行われ,サーメ議会で議事堂の設置場所決定の準備が整った時には,キルナ,ヴィルヘルミナ(Vlihel-
mina,南サーミ語:Vualtjere),エステルスンドの3地点(が代替地)に絞られた.

エステルスンドがヴィルヘルミナに勝利した
ブリットが言うように,キルナ近郊には多くのサーメが住んでいるにもかかわらず,ヴァルショービューン(Valsjöbyn)から
のサーメランド党(Samelandspartiet)ブリット・スパールロックはエステルスンドを推した.
-私たちはサーメの居住地域(北サーミ語:Sápmi;ルレサーミ語:Sámeednam;南サーミ語:Saemie;イナリサーミ語:
Säämi;スコルトサーミ語:Sää’mjânnam;スウェーデン語:Sameland)を拡大しなければなりません.投票では最初,
ヴィルヘルミナがエステルスンドに立ちはだかっていたが,この投票ではエステルスンドが17対14で勝利した.その後,エス
テルスンドがキルナに立ちはだかったが,この投票ではエステルスンドが勝利した.

サーメ議会は,政府に建設資金を求めるだろう.

サーメ議会に関する資料
サーメ議会の住民が選出した組織 plenum は4年ごとに選出される31名の議員で構成される.この任期はサーメの9政党を代
表するものだ.サーメ議会の総会は年3回召集される.次の総会は第21週(5/21~)にテルナビューで開かれる.今年最後
の総会は,第48週(11/25~)にハッパランダ(Haparanda,北サーミ語:Háhpárándi)で開かれる.

ベングテリク・ブスク(Bengterik Busk)


*Sametinget(北サーミ語:Sámediggi; ルレサーミ語:Sámedigge;南サーミ語:Saemiedigkie)
 https://www.sametinget.se/startsida

*新議事堂検討資料
 https://www.sametinget.se/126306

*記事になった総会の日程
 https://www.sametinget.se/126299

*サーミ語
 サーミ語はフィンランド語やエストニア語などとともに,フィン・ウゴル語族に分類されます.

 “ありがとう”はフィンランド語で kiitos,北サーミ語では Giitu(キートゥ),スウェーデンはフィンランド語で Ruotsi,
 北サーミ語で Ruoŧŧa(ルオッツァ)と,単語で見ると比較的近い関係にあり,文法も近いようです.
 サーミ語には,地域地域によって方言があります(↓の8ページ参照)

  https://docplayer.se/2955814-Vem-ar-same-ett-studiematerial-om-samisk-identitet-och-kultur-svenska-samernas-riksforbund-ssr.html

 隣接する方言同士では比較的理解し合えますが,地理的に離れているとほとんどと言っていいほど理解し合えないそうで
 す.そのため,近年はそれぞれの方言を別個の言語としてみなして***サーミ語と表記するようになってきています.
 各サーミ語でÖstersundやsamelandの表記が,大きく違うのはこのためです.方言の発生は,サーミが川に沿って移動
 していたこと,何に従事して働いていたかなどの要因によるそうです(北欧の言葉<ISBN:4486015339>サーミ語参照)

 佐々木は6年前にフィンランド北部の街Inari(稲荷ではありません,フィンランドなので当たり前ですが)にあるサーミ
 の博物館Siidaで北サーミ語の地図帳,子供向けの(おそらくイナリ)サーミ語の絵辞書を買ってきました.ちなみにInari
 を各サーミ語で表記すると,北部サーミ語: Anár,イナリ・サーミ語: Aanaar,スコルト・サーミ語: Aanarです.スウェ
 ーデン語ではEnareです.
 

レンタル掲示板
/107